杉並区、大田黒公園の秋の風景(ライトアップ)autumn colors

杉並区にある大田黒公園で、夜間ライトアップをします。期間限定なので、今年はいつから、いつまでなのかわかりませんが、たしか、夜8時まで入れるはずです。

 

まずは夜間の風景です。このライトアップしている時期だけ、その期間中は夜間も大田黒公園に入れるので、この時だけ夜に入るチャンスですね。

light7-2

 

とっても幻想的でしたよ。お庭もキレイですが、池もライトアップされると、なんだか神秘的な感じがします。

私は、他の都内の公園で、やはり紅葉の頃ライトアップされたのを見たことがありますが、池というのは、暗がりでみるとなんだか、神秘的ですよね。

大田黒公園、夜

 

私のカメラでは、夜間を撮るのには、限界があって残念です。

 

性能のいいカメラをお持ちの方は、ぜひ、行って写真を撮ることをおススメします。この時期、ライトアップされると、どこも人が多くて、三脚を使うことが難しくなりますが、私が行った時は、まだ使えるようでした。これは、人混みになってきたら、わかりませんが。

 

大田黒公園、ライトアップ

でも、まだまだ穴場ではないかと思いますので、お庭や茶室などを見るだけでもいいものですよ。遠くからだけでなく、近くによって、ライトアップされた紅葉を写すのも、キレイだと思うんです。

 

杉並区の紅葉スポットfall colors

秋らしいイメージの写真を載せます。実は、これは去年撮った写真です。

そのライトアップ前は、大田黒公園は、どんなものかをお見せしておこうと思った次第です。

昼間に撮った写真を出します。

 

大田黒公園、紅葉

入り口までが遠いです。これが大田黒氏の個人のお屋敷だったのですね。

 

紅葉スポット、杉並区

こうやってみると、一口に紅葉といいますが、いろんな色がありますねー。turn red turn yellow

 

池と紅葉

大きな池や、芝生の庭など、さらには、茶室までありました。

これぞ日本の庭園の光景

紅葉、東京

 

紅葉の頃は、写真を撮るのが趣味の人には、おすすめの場所です。

ぜひ、性能のいいカメラで撮ってみてください。

 

平成25年の時の、大田黒公園の紅葉

2012年に、私は初めて太田黒公園で、ライトアップがあることを知り、行ってみました。

こちらは、2013年版です。

2012年は金曜日で平日だったことです。昼間のうちは、ほとんど人がいないので、写真の取り放題でした。ゆっくり写真が取れましたし、ゆっくり、紅葉の景色を楽しむことができました。

 

夜になると、夜景を求めて、少しずつ人が集まってきました。それでも、写真を撮るのが大変なことはなかったです。六義園のライトアップに、紅葉の頃、行ったことがあったので、あれから比べれば、ずっといいな、と思っていました。

 

2013年は、土曜日に行きました。
まず、駐車場を探すのが一苦労。入り口のところから、もうすでに人が多くいました。

 

今回は、前回より、大きめの写真にしております。
なるべく、人が少ないものを選んでいますが、それでも人の影がありますね。
太田黒公園

 

土日は、ここまで人が来るのかと思った次第です。今回は、けっこう遅くまでいたんですけどね。
それでも、六義園よりは、まだ写真が取れるスペースがあります。六義園は、場所によって通勤の満員電車なみでしたから。

だからこそ、私は、写真を撮りたい人には、こちらをおすすめ、するのです。

 

太田黒公園の紅葉

太田黒公園は、川のような水あり、池あり、茶室や池の東屋もあります。洋館もあります。入り口からまっすぐに伸びる道とその周りの銀杏も見事です。竹が植えてある部分もありました。このような変化があるのがいいですね。

そうそう、お茶室で、お金を払えば、抹茶とお菓子を食べることもできます。お茶室からの眺めもいいですよ。

 

太田黒公園のライトアップ
ライトは、こんなふうに、照らしているんですよ。

入場は、無料でした。だいたい、11月終わり頃から12月初旬頃まで、ライトアップをやっているようです。お昼も中に入って、見ることができますが、ライトアップは、日没後、夜8時まででした。

一度は、ご自分の目で確認していただきたい公園です。本当に、おススメ、いいですよ。