都電荒川線の旅で、鬼子母神神社(kishiboshin-shrine)から出発

都電荒川線に乗ってきました。すべての駅(停留所)を網羅したわけではないのですが、鬼子母神前から三ノ輪橋までですので、ほぼ全部に近い感じで乗りました。

途中で、寄り道をしながらの旅です。「都電おもいで広場」によったり、公園によったり、都電もなかを買ったり、駅に隣接した甘味処にも寄りました。

最初は、鬼子母神神社を見てからの旅です。

 

鬼子母神神社参道

ここが、鬼子母神神社の参道です。参道には、レトロな感じの喫茶店もあります。まっすぐ神社まで行くのではなく、途中で曲がります。

そうそう、この参道入り口近くには、おいしいたい焼き屋さんもあるんですよ。「ひなの郷」といいます。落語家さんのお嬢さんがやっているお店と聞きました。

 

鬼子母神神社

鬼子母神神社です。ここでは、年何回か、手創り市という、みなさんの手作りの品を売る「市」があるんですよ。

 

鬼子母神

厳かな感じがしますね。鬼子母神は、安産、子育の神様として信仰されていますね。池袋の繁華街から少し歩くだけで、このような落ち着いた神社があるんですね。鬼子母神神社の周りも、商店街があります。

 

上川口屋
small sweet shop

境内には、このような駄菓子屋もありました。面白いですね。創業1781年と書いてありました。

 

次回は、都電を中心に、写真をアップしていきたいと思っています。