「艦これ」の世界ではない、横須賀港

先日、川崎の工場地帯にある公園から、東京湾を写した写真をアップしました。

川崎から見た東京湾も

 

今回も同じく、夜景です。それも、三笠公園付近からみた横須賀港です。

夜の横須賀港です。本当は、三笠公園内から撮りたかったのですが、道に迷って、三笠公園の入り口がわからず、脇の道路から横須賀港を写しました。三笠公園自体は、今の季節は、夜9時まで開いているそうです。ですので、夜9時前でしたら、私のように迷わなければ、日没後でも中に入れるはずです。

 

横須賀港

三笠公園は、「日本の都市公園100選」「日本の歴史公園100選」に選ばれた公園だそうです。噴水や壁泉、高さ18メートルのモニュメント、それと記念艦三笠があるそうです。入り口がわかればよかったのですが、入れなくて残念です。

 

おそらく、横須賀港と言えば、なんとか艦隊のような軍艦を見に行きたい人が多いかと思うのです。艦隊これくしょんの世界ですね。私も、少し期待したのですが、この三笠公園近くからの眺めでは、このような船でした。

 

横須賀港船

遠くに見える灯りは、工場の灯りなのか、倉庫群の灯りなのか。
きっと、昼間の太陽の光の下で見る印象と、夜の真っ暗闇のなかで見る印象とでは違うのでしょう。

 

横須賀港夜景

玉ボケを狙って撮った写真もあるのですが、遠くのあかりが玉ボケになったのに、近くがピントがあっていなかったので、ボツにしました。

金曜日の夜だったのですが、港の付近は、とても静かで波が打ち寄せる音しか聞こえませんでした。

 

やはり、夜景はそれなりのカメラでないと、ムリなのかな。かえって、スマホ写真のほうが、よかったのかと、今になって思っています。