川越祭りの山車が収められているような神社

まったくと言っていいほど、有名な神社ではないようなのですが、地元の人は通っているような神社を道すがら見つけました。このような神社こそが、氏神様と呼ぶのでしょう。

そのうえ、川越祭りの山車が収められている倉庫のようなものもあったのです。「牛若丸」と書いてあります。おそらく、川越祭りの山車が入っているのではないかな。

 

神社、牛若丸

 

私が氷川神社に歩いて行く途中で、こんなところに神社があるんだなぁと思って見ていました。すると、女子高生がこの神社に入って行きました。まるで、日課のように。

いつもお参りに行っているのでしょう。合格祈願なのか、なにか試合でもあって、必勝を祈願しているのか。

元町稲荷神社
神社にマークのようなものが付いています。以前、見たことがある「伝統的建造物」の指定になっているのでしょうか。近くまで行かなかったので、字が読めませんでした(元から目も悪いですし)。

 

神社を守っている宮司さんのような方は、いらっしゃらないようですが、ひっそりと地元の方々が守っているように思えました。境内が荒れていることもないので、きっと神社のお掃除も順番でやっているのではないかなと。
元町一丁目稲荷神社

裏側に回ると、「元町稲荷神社」と書いてあるのが見えました。「元町一丁目氏子中」という文字も見えます。氏子の仲間で、この神社を守っているように感じました。

そのために、何かあったら、この神社、すなわち、氏神様をお参りして、道中の無事を祈願するとか、安産を祈願するとかしているのかなと思いました。