登山としてではなく、寺院としての高尾山

お寺に行きますと、山門のところに、お寺の名前ではなく、「○○山」と書いてあるのを見かけることがあるかと思います。東京ですと、浅草寺は、「金龍山」となっていますね。この前ご紹介した高円寺にある長仙寺は、「日王山」となっていました。

 

山号というのだそうです。大辞林によりますと、「寺院の名の上につける別称。初めは寺院の所在地の山名によったが,鎌倉時代以後は平地の寺院にも及び,別称として一般化した」ものだそうです。

このように、寺院というものは、山のところにあったのですね。

 

高尾山には、ご存知のとおり、薬王院があります。高尾山は、登山する人の人数でも世界一なのだそうですが、ケーブルカーやリフトがあることもあって、気軽に行ける山、そして、近くまで京王線が通っているということもあって、人気の場所です。

 

ということで、観光地としての高尾山もいいけれど、開運や宗教としての場所でもあることを写真をアップしながら、数回に分けて、書いてみたいと思います。

 

クルマを使わないで、電車で行くことにしました。まずは、京王線の高尾山口駅の写真から。京王高尾線になります。JRですと、高尾駅までになりますね。秋でしたが、紅葉の季節には、まだまだ早い時期でした。
高尾山口駅

 

早速、ケーブルカーとエコーリフトの乗り場に向かって歩いていきました。もっと近いのかと思っていましたが、自分が思っていたよりも高尾山口駅から距離がありました。

その途中、乗り場近くに不動院がありました。登山の無事を祈願しまして、まずはここに立ち寄り、参拝いたしました。このような場所があることも、修行の場として、霊山としての高尾山なのでしょう。
不動院、高尾山

 

秋になったとはいえ、まだビアガーデンならぬ、ビアマウントをやっていましたよ。ただし、アルコールを飲んだら、ケーブルカーには乗れますが、リフトには乗れませんので、上でビールを飲む予定の方は、リフトの往復券を買わないほうがいいですね。登りは、リフトでもいいですが、下りはケーブルカーになります。

高尾山、ケーブルカー駅

 

このように、斜めになっているのが、ケーブルカーのプラットフォームです。私は、リフトを使いましたので、これから少しあるいてリフト乗り場に行きます。リフトは、16時30分までとなっています。ビアマウントの人たちのために、ケーブルカーは、もっと遅くまで動いているようでした。
高尾山、リフト乗り場

リフトのほうは、山麓駅になっていました。ケーブルカーのほうは、清滝駅から高尾山駅と書いてありました。
エコーリフト、山麓駅
リフトに乗るには、ちょっとしたコツがありますね。ベルトのようなものをするかと思ったのですが、何もしなかったです。恐いと思う人もいるかもしれません。

私が乗った時は、まだ下ってくる人も少なかったです。登山は苦しいですが、リフトだと楽ちんです。マイナスイオンが多そうな緑を見ながら、快適に登って行きます。
高尾山、リフト

リフトの下は、上の写真のような地面まで近いところばかりではありません。このように深いところもあります。このような場所には、網が貼ってありますが、慌てて財布やら、携帯電話、スマホを落とすと大変です。

私が降りる時、これから登っていく人が、ペットボトルを落としてしまっていました。網があるとはいえ、ペットボトルは、網をググり抜け下まで落ちてしまっていましたよ。
高尾山、リフトからの眺め

 

ということで、ここまで書いてすでに写真も多くなってしまったので、今回はここまでにします。次回に続く。