洋館の喫茶室もライトアップ期間中は18時30分まで

詳しくは写真を見ていただいたほうがわかるかと思いまして、出しておきます。

ライトアップ期間中、2017年の場合ですが、午前9時から午後8時30分までとなっています。

観覧は夜9時までですね。このような夜間にバラの撮影ができるなんて、この時だけですよ、ということで、ご紹介です。ただし、人が多いので三脚は使用禁止のようでした。

 

とにかく5月21日までがライトアップ期間ですし、おそらく薔薇の開花時期としては最盛期ではないかと思うので、夜の撮影したい人はお忘れなく。

 

旧古河庭園の入園料は150円で、春のバラフェスティバルのほうは5月31日まで

ライトアップ期間には、それに伴い、洋館の中にある喫茶室も営業時間延長です。洋館の喫茶室は18時30分までです。ラストオーダーが18時です。これを知らなくて急いで行ってしまいました。

 

紅茶もローズペコーが入っていまして、ウェッジウッドのワイルドストロベリーのカップで出てきましたよ。

 

ミルク紅茶でした。ミルクもおいしかったです。ダージリンティーに合いそうなミルクでした。

なお、洋館の中ではカメラの撮影は禁止なので、残念ながら私が紅茶を堪能している写真はありません。

喫茶室を利用すれば洋館の一部を見ることができます。それ以外は洋館の見学会を利用するしかありません。

洋館の見学会はいつもは往復はがきでの事前申し込みだそうですが、私が行った時は洋館の見学会が臨時見学会も行うとのことで、3時からの回と、5時からの回があるということでした。

この臨時見学会は当日、洋館の前に集合とのことでした。この臨時見学会はライトアップ期間だからやっていたのかもしれません。なお、洋館の見学会は料金が800円と書いてありました。臨時見学会をやっているかどうかは入園料を払ってすぐのところに書いてありますので、よくチェックしてみてください。

いつもは、「10:30~/13:00~/14:30~ 所要時間1時間のガイド付きツアー」なのだそうですよ。

 

ライトアップ期間中は、いつもある売店のほかに、臨時の売店がありました。外でコーヒーを売っているところもありました。

 

そうそう、旧古河庭園は洋風庭園だけでなく、日本庭園もありまして、そちらには茶室があります。

抹茶が好きな人はそちらで一服するのもいいですね。

旧古河庭園のバラ

私が行った時は曇り空だったのでそれほど絶好の撮影条件ではなかったのですが、それでもバラの花自体が華やかなのでいいですね。

 

 


約100種199株のバラがあるということですべてにバラの名前が書いてありましたが、覚えきれていません。

シャルル・ド・ゴールとか、プリンセス・ダイアナとか、イングリッド・バーグマンとか、いろいろありましたけど。

 

バラの色は、いろいろありました。紫のものや、青と言われる薔薇もありましたが、紫は確かに紫に見えたのですが、青のバラは青なのかなぁと思ったくらいです。ブルームーンという名前の薔薇でした。
薔薇のそばには、ライトアップ用のライトが見えますよね。

ベルサイユのバラです、といいたくなるようなキレイな洋風庭園です。

こちらの薔薇は蕾の状態と、開ききった状態では色が違うのです。オレンジのような色がピンクっぽくなっていきます。名前はリオ・サンバだったかな。

 

こちらの薔薇はピンクというよりは、紫に近いですね。

洋館はレンガ造りの英国式の古典様式です。この洋館と洋風庭園の設計者はイギリス人のジョサイア・コンドル氏だそうです。ニコライ堂や旧岩崎邸庭園洋館もそうなのですって。

 

 

洋館と対象的な日本庭園のほうです。心字池です。日本庭園は小川治兵衛氏の設計です。

 

枯滝が雪見灯籠の裏にありました。崩石積もありました。枯滝とは別に大滝もありまして、大滝のあたりは、夏に行ったら涼んでいいだろうなと思いました。マイナスイオンが満ちているというのかな。

 

なお、ライトアップは、この洋館と日本庭園もライトアップということでしたが、薔薇に夢中になって日本庭園のほうは暗くなってから行くのを忘れてしまいました。

 

薔薇は、洋館とセットで写真を撮るといいですね。映えますよ。

さて、前フリの説明が多くなったことと薔薇の写真も多くなってしまいましたので、ライトアップしたほうは、また記事を分けたいと思います。後編はこの次に。

夜のバラは昼間とはまた違った感じ、趣になりますねぇ。