金運アップを考えるなら、お財布を購入する日は大安吉日がいいとか、寅の日がいいとか聞いたことがあるかもしれませんね。

特に最近は、宝くじ売り場にのぼりの旗がたっていたり、窓口に看板が掲げられていることから、宝くじを購入する日と同じように金運を考えて、お財布を買う日のほうを重視してしまいます。

 

しかし、風水の考え方では、財布は実際に使い始めてから、その時期の気を吸う性質があると言われています。使い始めた時のお金の出入りを記憶するといわれているのです。

 

そのため重視するのは、購入する日よりも、財布を下ろして準備に取りかかる日よりも、使い始める日が重要です。財布は、購入日よりも、「使い始め」です。財布をおろす日(準備)、というよりも「使い始め」(実際にお金を払って使うこと)なのです。

 

風水師の李家幽竹氏は、陰陽五行説から「水」の季節である。11月から2月をおすすめしています。五行説の考え方では「水は金を増やす」からです。また、「水」との関連から梅雨時期もいいとしています。

 

李家幽竹氏は、「水」を重視していますから、快晴の日ではなく、雨の日、雲でどんよりした日から使い始めたほうがいいと言っています。

 

同じく風水師でもドクター・コパ氏は、張る(春)財布として春をおすすめしています。その場合は、1月の大寒から3月のお彼岸までとしています。

それ以外にも実り財布として秋もおすすめしています。この場合は、9月のお彼岸から11月24日までを目安としています。

 

今回は、お財布の縁起担ぎに関心がある人に、財布の使い始めにふさわしい寅の日、大安吉日だけでなく、古来より日本で吉日とされた「大明日」「天赦日」「一粒万倍日」などをご紹介します(天恩日もプラスしました)

最後まで、読んでくださいね!!!

 

令和元年から使い始める財布は買いましたか?使い始める日を大事に

いくら金運をあげるには、購入する日よりも、財布をおろす日よりも、「使いはじめる日」が大事と言っても、お財布を購入してこそ、使い始める日が決まります。

購入する日が先ですね。

特に今年は2019年になる少し前から、2019年は金運に良い年であると言われていました。

その理由のひとつが元号が変わるから、というのがあります。

 

元号が変わると時代の運気も大きく変わります。新しい運気がやってくるということです。それだけ日本人には、大事なことです。

新しい時代がやってくることになります。時代がかわるからこそ、この瞬間に運をつかみたいものです。

新しい時代にあった運気を取り入れましょう。

 

令和の年から、お財布を新しいものに変えませんか?

新しい時代に、新しいお財布で。

新しいお財布でスタートへ

財布屋のサイトへ

>>>あなたを幸せにする財布

2019年は金運アップに良い年なので

2019年は、「変化」の年で、運気アップには、「変化」が必要です。

令和元年の記念すべき年なので、令和記念としてお財布も売られていることが多いです。

2019年は特別ですね。

新元号の「令和」は万葉集にある歌の序文「初春の令月(れいげつ)にして、気淑く風和(やわら)ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」から二文字をとったとの説明です。

日本最古の歌集である「万葉集」の由来の言葉です。

この中にある「令月」、そして風のここちよさを表す「気淑風和」の「令」と「和」の文字を合わせて「令和」となったとのこと。

日本の暦が最近、注目をあびていますが、それだけでなく天皇陛下の退位による改元が200年ぶりという、まさにその瞬間にいるわけですから、お財布を新しいものに変えるのなら令和元年がいいというわけです。

 

金運を象徴する年にこそ、新しくしませんか?

改元だけではありません。

金運を願う大安の年、お金を生む年であるといわれているのです。「変化」の年でもありますが、亥年だからです。日本で発達した九星気学やその他の占いは陰陽五行説が起源です。そのため、十干十二支でも、五行説の影響があります。

 

日本では亥年ですが、中国や韓国などでは豚年といわれて金運の象徴として金の豚が有名なのです。

豚の形をした貯金箱を見たことがありませんか?

あれは、金運=豚だからです。豚が可愛いから、貯金箱に選ばれたのではないのです。

日本なら「招き猫」かもしれませんね。猫年は日本にありませんが。

 

令和から心機一転、新しいお財布にするにしても、平成の時代を共にしたお財布にも感謝を忘れずにいたいものですね。

お財布を一度全体に紙や布で覆った後に、飾り紙を巻いて処分するといいです。感謝の心を忘れずに。

 

平成を区切りにするには、手放すのが惜しいと感じる人もいるかもしれませんね。

 

しかし、古い財布というのは開運としては、あまり良いとはいいがたいので、令和をきっかけに新しい財布に切り替えましょう。

 

プレゼントにも喜ばれる自分だけの財布を

>>色から選べるオーダーメイドの財布



財布を新しく購入して、令和の時代に

日本の桜花びら

 

財布を買うだけでなく、平成を懐かしむ商品も売れているそうですが、ここはやはり、未来を見据えて、新しい年号から使い始める商品を買いたいものですね。

 

新しい年号になることをきっかけに、使っているモノを新しくしたい人がいるのです。
改元にともなう「きっかけ消費」という人もいるのだとか。

 

改元をきっかけに新しい自分、新しい環境を模索する「きっかけ消費」。中には、引っ越しを検討する人も

新しいことにチャレンジしたいという気持ちを抱く人におすすめのアイテムなどがあるそうです。

【楽天市場】楽天市場ヒット番付 改元イヤー番外編

 

中でも、開運を考えるのならおすすめするのが、財布です。

財布は、もともと、新年になると新しい財布にチェンジする人も多く、12月頃に購入して用意しておいて、正月から、もしくは、立春から使い始める人が多くいました。

ちなみに、2019年は、ラッキーカラーが「赤、白、ゴールド」とのことです。

ドクター・コパ氏の書籍を読みますと、「赤」は健康と仕事、行動力を引き出すパワーがあるそうです。

それに対して、「白は、人間関係や財運、チャレンジをするパワー」だそうで、財運ですから、特に、白のお財布は財運に恵まれそうです。

 

なお、「ゴールド」もなかなか良くて、「人気や才能の運気を高め、タイミングをよくするパワー」があるのだとか、インフルエンサーが身につけたら、バツグンに良さそうです。

 

オリジナル財布が作れるオーダーメイド財布なら、内側の見えないところは、「ゴールド、金色」にして、外側は「緑色」、ワンポイントとして入れる差し色に「白」というようなラッキーカラーをちょっと取り入れる組み合わせもできますね。

もちろん、赤、白、ゴールドの3色を取りれたり、白なら白だけ、というシンプルな色合いの財布もいいものです。

ついでに、ラッキーアクション、2019年のラッキー方位をいいますと。

 

ラッキーアクションは、もちろん神社仏閣巡りですよ。そのほか、変化の年だからでしょうか、模様替えもいいそうです。エクササイズもいいのだとか。

ラッキー方位は、南と北です。南と北から幸運がやってくるので、南と北はいつもキレイにしておきましょう。

盛り塩をしておけば、お守り作用もあってもっとよし。

 財布を購入したら、使い始めるまで準備

そして財布を買ったらすぐに使うのではなく、財布を下ろす日を決めて、まずは、財布の中に現金を入れます。そのお金を財布に覚えてもらいます。

なるべく新札で21万円を用意して、お札を下にして財布に入れます。9日間入れておきます。

 

これは佳山知未氏が言っている金額です。ラッキー数字の7を3倍した数字です。

李家幽竹氏は、いつも財布にいれている金額の3倍としていますから、3倍がラッキーなことに変わりはないのようです。もし、21万円、現金で用意するのが難しいなら、いつも財布に1万円入れている人なら、3倍の3万円をいれます。

 

その財布は、なるべくなら家の北の静かな場所においておきます(できれば机の引き出しや箱の中にしまっておきます)。置いている時は、何度も引き出しを開けたりしないで、静かに置いておきます。

9日間、おいたら、財布を使い始めます。

 

北の暗くて静かな場所におきますが、いけないのは、「火」に関係する場所です。

「火は金を溶かす」との陰陽五行説の考え方から「火」に関係する「南側」は避けます。「火」に関係する場所ですから、台所も避けます。あまりに日光が当たる場所も避けます。

財布にお金を入れた日が「財布を下ろす日」にしまして、その当日を1日として数えて9日間置きます。

購入する日→財布を下ろして準備する日→財布を使い始める日の順番です。

 

財布は金運の吉日を選ぶ

財布の色や形にこだわる人が多いですが、それだけで金運向上とはならないのですね。

使い始める日が一番大事です。

お財布を下ろす日もできれば吉日を選びましょう。

 

財布を使い始める日の吉日としては、大安吉日だけでなく、一粒万倍日、天赦日、寅の日、巳の日がいいといわれています。特に、己巳の日です、あとは、甲子の日もいいですよ。知る人ぞ知るの吉日は、大明日ですね。

大安は有名ですが、ほかは知っていましたか?

特に天赦日は、年に5回か6回しかない日なのです。この日は、オールマイティーに吉日なのです。すべてに大吉の日なのです。

よろずよろし、といわれています。暦の中で最上の吉日とされています。最上なので、天の恩恵を受け、何の障害も起こらない日とされます。財布だけでなく、結婚、新規開店、重大発表の日にふさわしい日です。

古来日本では、吉日といえば、天赦日、大明日(大みやう)2つだけでした。その後、天恩日や母倉日、百事吉、神吉日、月徳日などが吉日になりました。

最近は天赦日は知られていますが、大明日はまだまだのようですね。
大明日とは、太陽の光が隅々まで照らすという意味があり、開業、開店、建築に大吉の日なのです。

迷信と切り捨てるより、暦を生かしていきたいものです。

 

私のおすすめは、大安吉日や一粒万倍日は比較的多いので、購入する日か、もしくは財布を下ろす日にするのがいいのではないかと思います。一粒万倍日を購入日、もしくは、財布をおろす準備の日にするということ。

 

一番重要なのが使い始める日なので、その日のほうを天赦日や甲子の日、己巳の日の吉日にして、その9日前から北側の静かな場所に置くということです。

 

私のおすすめは、購入日は「思い立ったが吉日」というようにあまり気にしないで(できれば一粒万倍日や大安吉日くらいに)、使い始める日を「天赦日」にすることです。

 

世界でひとつだけのオリジナルギフトを贈りませんか?
オーダーメイドで簡単にできますよ。

>>JOGGO



金運のために、下ろす時間や購入する時間帯を選ぶ

もし、これらの吉日が無理ならば、時間です。お財布を使い始める時間でもいいし、お財布を下ろす時間にしてもいいです。

 

お金を増やすのは、「水」の時間なので、陰陽五行説での水の時間である、夜11時から午前5時の間に財布にお金をいれておいておく、という手もありますよ。

私は、個人的には「金」の時間である午後5時から夜11時もいいと思っています。

どちらにせよ、夜の時間帯ですね。それが吉。

お金を入れて置いて置くのも家の北側の暗くて静かなところです。「暗い場所」(=暗い夜の時間帯)という点もポイントでしょう。

 

参考に吉日を書いておきます。

お財布を買う日、下ろして準備を始める日、使い始める日の【どれかは、吉日】を選びましょう。
(大明日を追記しました)。

 

2019年の吉日(特に金運)

【7月】

4日 寅の日、大明日

6日 大明日

7日 大明日

8日 大安、一粒万倍日

11日 一粒万倍日

12日 大明日

13日 大明日

14日 大安

16日 寅の日

18日 大明日

20日 大安、一粒万倍日

21日 大明日
22日 大明日

26日 甲子の日、大安

28日 寅の日

31日 己巳の日

【8月】

1日 一粒万倍日
2日 大明日

4日 一粒万倍日

5日 大安

9日 寅の日

11日 大安
15日 大明日

17日 大安
18日 大明日

19日 一粒万倍日

21日 寅の日

23日 大安
26日 大明日

29日 大安

31日 一粒万倍日

【9月】

2日 大安、寅の日、大明日

8日 天赦日、大安、一粒万倍日
9日 大明日
11日 大明日

14日 大安、寅の日

15日 一粒万倍日
16日 大明日

20日 大安、大明日
21日 大明日

24日 甲子の日

26日 大安、寅の日

27日 一粒万倍日

29日 己巳の日

【10月】

1日 大安

2日 一粒万倍日
3日 大明日

7日 大安

8日 寅の日

12日 一粒万倍日

13日 大安
14日 大明日

15日 一粒万倍日
17日 大明日

19日 大安

20日 寅の日
22日 大明日

24日 一粒万倍日

25日 大安、大明日

27日 一粒万倍日

29日 大安

【11月】

1日 寅の日
3日 大明日

4日 大安

5日 一粒万倍日

7日 天赦日
8日 一粒万倍日

9日 一粒万倍日、大明日

10日 大安、大明日

13日 寅の日
15日 大明日

16日 大安
18日 大明日

20日 一粒万倍日

22日 大安

23日 天赦日、甲子の日

25日 寅の日

27日 大安

28日 己巳の日
30日 大明日

【12月】

2日 一粒万倍日

3日 大安、一粒万倍日
6日 大明日

7日 寅の日

9日 大安
13日 大明日

15日 大安

16日 一粒万倍日、大明日
17日 一粒万倍日

19日 寅の日

21日 大安、大明日
24日 大明日

28日 一粒万倍日

29日 一粒万倍日

31日 大安、寅の日、大明日

 

令和の時とともに、使い始める、これが理想です。

それもお祝いごとですから、少し光沢のあるものがいいです。

本革の製品をおすすめしています。光沢のある牛革などおすすめですね。

 

【ワンポイントアドバイス】

あと、金運アップするにはお金を不浄から祓うのがいいそうです。

お金は様々な人の手を渡ってくるので、その間に厄がついてくることも多くあります。私も母からはお金を触ったら手を洗うようにとよく言われました。

運気アップを徹底している人は、銀行で現金をおろしたら、そのままお財布に入れないで、浄めてから入れるそうですよ。

 

お金にとって、お財布は「住居、住まい」です。住み心地がよくなれば、いつくわけですね。

お金も集まってくるということです。

 

先程のドクター・コパの本によると、「銀行でおろしたら、財布に入れず、ラベンダー色のお財布や封筒に入れて3日以上おいて、厄を落とす」「黄色の布や封筒に3日以上入れて、金運をつけてから財布にいれる」と書いてありました。

 

運気を呼び込む人は、ここまで徹底しているのでしょう。なかなかできないことです。

さて、財布の話に戻りましょう。

お財布を買って、令和とともに使い始める。

なんだか、聞いただけでも運気の流れが良くなりそうに思いませんか。

運を味方にすることも、大事です。

 

☆カラーの組み合わせは、数億通りになるので、自分だけのオリジナル財布が作れます。

プレゼントにも最適な世界でひとつの財布

>>オリジナル財布のJOGGO



改元号、令和の時代とともに、新しいモノでスタートできる

新しい、ということで、「白」の財布や、白で言えば、この「 白蛇財布 」なんかいいですよね。蛇が苦手な人にも、持ちやすい白蛇をモチーフにした牛革製の財布ですから。

 

「緑」の財布も良さそうです。特に、ここ数年、緑色の財布が人気上昇しているそうです。お金持ちが実際に使っている財布の色が緑だったから、という理由だそうです。

奮発して「珍しい素材」の財布に挑戦するのも良し。象革の財布なんて持っている人が限られそうです。

 

そのうちに買おうと思いつつ、忘れがちなのが、財布の購入ですから、思いついた時に買っておきましょう。

財布屋では、金運に縁起のよい「猪突猛進」の「亥年開運キーホルダー」をもらえるのは「今年限り」の限定なので、いますぐチェックしてみてください。

 

亥年だけに配るプレゼント、「亥年」ということで金運をイメージしがちですが、夢や目標に向かって頑張る人に最適です。

縁起の良さそうなキーホルダーです。
財布屋のサイトにて

開運の財布



財布についてですが、人気の商品は、在庫切れ、起こしがち。

気になる方はお早めに。

 

次は、開運財布の色について書いたページへ→→金運アップの財布について

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆