喜多院の春(桜が満開の頃)

今日は、ほぼ地元と言える、川越の喜多院についてご紹介します。

今回は、桜が満開の頃の写真を出してみました。
喜多院と桜

 

川越の街めぐりを予定している方は、まずは、喜多院に行ってみてはいかがでしょう。川越の菓子屋横丁からも、そんなに遠くないですし、蔵の街をめぐって、散策するのもいいものです。境内には、普通のソメイヨシノのほかにも、枝垂れ桜などありますよ。

喜多院の本殿

 

喜多院といえば、だるま市です。正月三が日の1月3日(初大師)に行われます。だるま市の写真もあったはずなのですが、見当たらないので、今回は、桜の時の様子だけです。

この時も、人は多く来ていましたが、それでもだるま市の時に比べれば、ずっと少ないです。それくらい、だるま市の時は、覚悟して行ったほうがいいでしょう。本当に、混雑していますから。

喜多院の槇

上は、「天海僧正お手植の槇」と言われる大木です。ご神木ですね。喜多院は、神仏習合なのだそうですよ。詳しいことは、わかりませんが。

 

喜多院の塔

枝垂れ桜がうまく撮れていなかったようです。喜多院は、四季折々の花や木があって、自然に恵まれています。春夏秋冬のそれぞれの姿を写真に撮りたいと思っています。特に、冬の雪が降った後なんか、いいかと思いますが、雪の日に写真を撮りに行く勇気がないです(笑)。
喜多院山門

山門から、遠くに見える桜です。紅葉の頃も、このような山門と一緒に写真を撮るといいかもしれませんね。