桜の季節は金王桜が有名だそうです

渋谷駅から見ると、高台にある金王八幡宮です。

渋谷に用事があったために、立ち寄っただけの神社だったので、下調べなしだったのですが、行ってみたらかなり大きな神社なので、ここ一帯の氏神様なのだろうなとわかるくらいでした。歴史と伝統がありますね。

 

ここからが参道です。渋谷の町中にあるのにこれだけの敷地が取れるのですね。

 

格が高い神社は、鳥居も大きいですからね。気の流れを感じない私でも、遠くに見えるビル群をみて、きっといい場所に違いないと確信いたしました。

あとで、御朱印をいただいた時に、金王八幡宮参拝の栞をいただいたので、御鎮座920年ということを知りました。

 

下調べなしだったのに、これはパワースポットではありませんか。
金王八幡宮

渋谷の繁華街だけでなく、このような場所もあるのだと知ることができました。これは都会のオアシスではないですか(タバコ吸いにきている人が多かったけど)。夏なんかは、涼むことができそうですね。

二の鳥居の先に見える神門は渋谷区の指定有形文化財だそうです。
神門も立派です。赤門とも呼ばれているそうです。
金王神社
金王八幡宮ですよ。王に点はついていません!玉造神社は境内にあるけど。

拝殿もかなり彫刻など立派です。

 

拝殿向かって右手にあるのが金王桜です。桜の時期ではなかったのでもちろんまだ桜は咲いておりません。あと、2ヶ月ほどかな。でも、桜が咲いたら、かなり絵になりそうな神社です。

金王八幡宮のお祭り自体は9月ですが、3月にも金王桜まつりとなっていました。

金王神社拝殿

社殿は、権現造りで春日局が金百万両を寄進して造営したそうです。やっぱり、すごい神社ですね。

家に帰ってから算額のこともしりました。宝物殿を見学したので、見ているはずなのですが、残念ながら記憶にないです(笑)。

金王丸御影堂です。

金王丸御影堂
金王桜のいわれになった金王丸らしいのですが、私は知りませんでした。源頼朝公のご縁と書いてありました。御祭神は渋谷金王丸常光。

玉造稲荷神社にて初午祭

そして、こちらが玉造稲荷神社です。金王八幡宮内にあります。

福参り玉造稲荷神社
平成29年2月12日の初午の日に福参りができます。午後2時30分から初午祭と書いてありました。

初午の日の参拝を「福参り」と称し、大変縁起いいとされるそうですよ。

これは商売をやっている方なら、ぜひとも参拝しないといけませんね。

さらに、このようなものも初めて見ました。

遥拝金王神社

 

神武天皇御陵の遥拝できる場所です。ここから奈良県に向かって参拝です。作法は二拝二拍手一拝です。神社と同じなのですね。

 

離れたところからでもお参りできるのです。

 

金王八幡宮はかなり、歴史と伝統がある神社ですね。ここ一帯は、風水的に良いことを昔の人は知っていたのでしょう。この金王八幡宮を出て、目の前に豊栄稲荷神社がありまして、金王八幡宮の裏手には、東福寺がありました。

こちらが金王八幡宮のご近所のお寺である東福寺です。

東福寺

 

渋谷区重宝と書いてありました。東福寺の梵鐘です。こちらも歴史がありそうな場所ですね。

 

入ってみたのですが、残念ながら、工事中だったようです。

渋谷区重要文化財鐘

 

お寺の境内には至るところシートがあって、梵鐘の周りもこのような有り様でした。

 
豊栄稲荷神社については、後日書きましょう。