高野山の奥ノ院では写真撮影はできない場所が多くて

前回の続きからです。

前回のブログ
高野山開創1200年で、宿坊に泊まってきた(その1)
初めての宿坊体験で、翌朝は6時半からお勤めです。お坊さんの唱えるお経を聞きまして、住職からもお話を聞きました。重要文化財である襖絵も拝見させていただきました。

 

こんな貴重な体験をさせていただいて、ありがたいことです。

金剛三昧院中門

帰ってから知ったのですが、この金剛三昧院の周辺から、すでに世界遺産の範囲になっているのですね。金剛三昧院は、世界遺産登録寺院となっていました。

 

7月でしたので、緑が多い印象ですが、ゴールデンウィークの頃は、シャクナゲの花が見事だそうですし、紅葉の頃もいいんじゃないでしょうか。

金剛三昧院多宝塔

この多宝塔ですが、宿坊の場所にあるのでチェックアウトしてから見に行きました。なんと、高野山で現存する最も古い建立物だそうです。国宝になっているうえ、中に、重要文化財の五智如来像があるそうです。

 

この金剛三昧院は、樹齢500年の六本杉があるなど、宿坊を体験できるだけでなく、貴重な文化財を拝見できるので、お得です。たまたま空いていて、選んだのですが、正解でした。まぁ、これも縁なのですけどね。愛染明王様に呼ばれたのかしら?

 

さて、チェックアウト後、ひととおり、金剛三昧院を見学した後で、近くにあった老舗(濱田屋)の胡麻豆腐屋さんで、胡麻豆腐を食べまして、2日有効のバス乗り放題を利用することにしました。

胡麻豆腐濱田屋

 

バス停まで、少し歩いていたのですが、それにしても、この高野山には宿坊が多いですね。100以上あると言われています。どれも○○院と書いてあります。

入り口だけでも写真を撮らせていただきました。これは、持明院。
宿坊、持明院

 

こちらは、成福院です。お寺まわりが好きな方には、最高の場所です、高野山は。

宿坊、成福院

苅萱堂に立ち寄りまして、御朱印をいただきましたら、お坊さんが埼玉から縁あってやってきたお坊さんでした。こんな高野山でお会いできるなんて。その後は、弘法大師御廟がある、奥ノ院へ。

 

奥ノ院の拝堂までは無数のお墓がありまして、シロアリの供養塔のほか、有名な会社の社員のためのお墓、合同墓がありました。勤務中にお亡くなりになった(労災事故?)ためのお墓のようでした。けっこう有名な会社がここにお墓を作っているのだなと、改めて知った次第です。

 

その他戦国武将のお墓など、寺であることを意識するような場所でした。空気が違ってくるといいますか。写真に少し撮ったのですが、お墓が多いので、ここには載せないでおきます。

 

それと、御廟橋より先は、写真撮影は、禁止になっています。この前、テレビのロケが入っていて、特別に撮影を許可されていましたが、それでも、弘法大師御廟は撮影できなかったようです。燈籠堂まで、となっていました。

奥之院前

こちらは、その撮影禁止になる御廟橋の手前にある拝堂(大黒天様などがお祀りされている場所)です。正確な名前は忘れてしまいましたが、ここで、御朱印をいただきました。

さて、次は金剛峯寺です。

金剛峯寺前

前日、コンビニに夕食を調達に行った時、下見をしておいたので、すぐ、わかりました。

 

金剛峯寺入り口

壇上伽藍は、色鮮やかな印象がありますが、こちらは、渋い色の世界です。真言宗の総本山になるのでしょうか。高野山大師協会本部というところが別にありましたが。

この入り口から山門までの間、緑が深い時期もいいですが、紅葉の頃も、写真に映えそうです。

 

金剛峯寺山門

けっこう、地味で落ち着いた雰囲気です。またまた写真が多くなりましたので、金剛峯寺の中については、次回にします。次回を、ご期待ください(笑)。