ほおずき市は、雷除けお守りと黄札をいただく日でもあります

なぞの言葉でしょうか。四万六千日。

これは毎月18日が観音様(浅草寺には観音様がいらっしゃいます)の御縁日です。これとは別に「功徳日」というものがあるそうで、その日にお参りすると100日分、1000日分の功徳をいただけるそうです。

 

しかし、上には上がありまして、年1回のスペシャルデーですね。それが7月10日なのです。この日にお参りすれば、46,000日ですよ。

 

大盤振る舞いですよね。あまりに人気があったため、7月10日を待たずに、来る人もいたとかで、7月9日もその四万六千日の功徳日の御縁日となったそうです。

 

この四万六千日の日に、「ほおずき市」も一緒に行われます(7月9日と10日)。

 

私は前からずっとこの功徳日に、浅草寺に行きたいと思っていました。なかなか機会に恵まれなかたのですが、やっと平成27年に行くことができました。

 

しかし、当日は一日中雨の日。夕方には少しやんできましたが、それでもいつもよりは人出が少なかったようです(お店の人、まわりの商店街の人の話による)。

ほおずき市

このように傘をさしながら、ほおずき市を見学です。

 

浅草寺の階段下から入ってお札をいただく場所に行きます。

 

しかし、まずはお札のためのご祈祷の受付にいきます。最初に行ったのは、お札申し込みの窓口へ。

浅草寺お札

ご祈祷していただければ、四万六千日の功徳でしょうか。この両日のみの黄色の紙で包まれたお札をいただくことができます。
雨のためにいつもよりも早くご祈祷受付ができているようでした。思ったよりも早く、ご祈祷していただけました。

それにしてもお坊さんの観音経を読む速度の速いこと。私はこんなに早く読めません。

 

その後、お札を取りに行くことになります。

雷除け守り

暗いですが、巨大な雷除け守りが見えます。

祈祷札を取りに行く前に雷除けのお守りも買いました。

 

そもそもは、赤とうもろこしを吊るしていた農家が無事だったから、雷よけとして赤とうもろこしが売られていて、その後、とうもろこしが不作になったから、雷除けのお守りを売ることになったと聞きます。

浅草寺お守り売場

おもしろい話ですよね。四万六千日のご縁日に雷除けのお札が浅草寺から授与されるようなったということで、この御縁日は、雷よけのお守りを買う日でもあり、功徳日でもあるわけです。

 

そして、もちろん、その日はほおずき市でもあります。黄札をゲットしてから、ほおずきを売っている屋台を見てまわりました。

ほおずき市、四万六千日

ほおずき市のほうは、夜おそくまで行われているそうですので、お仕事帰りの方も立ち寄ってみてはいかがでしょう。

 

私は知らなかったのですが、ほおずきは昔、薬用として使われていたのですね。ほおずき市自体は、愛宕のほうが昔からやっていたとのことでしたよ。

浅草寺ほおずき

私の目的は、ほおずきよりも、黄札でしたので、鬼灯は買わないで帰りました(うちから浅草寺は遠いので、鉢を持って電車に乗るのは至難のわざ)。

 

ほおずき市屋台

でも、比較的ご近所なら、ぜひ、ほおずきを買って、夏の風情を楽しんでいただきたいものです。