御朱印にも金色で「たけくらべ」の文字あり


飛不動尊に行った帰りに立ち寄ってみたのが、この千束稲荷神社です。

近くには樋口一葉がかつて住んでいたという住居跡もありまして、竜泉町(龍泉寺村)に住んでいた頃に書いたと言われる『たけくらべ』ゆかりの神社のようでした。

樋口一葉の『たけくらべ』はこの千束稲荷神社の祭礼が舞台の一つになっているから、ということでした。

 

ただ、私が行った時は参拝客が誰も来ていなかったです。ひっそりとした神社でした。

 

しかし、神社としては、お神輿もあるようなので、地元の人に親しまれている神社なのだろうなと思われました。

 

お稲荷様なので初午祭がありますが、二の午の日に。地口行燈もあり

稲荷神社は、初午祭にお稲荷さんをお供えしますよね。

稲荷神社を調べてみますと、初午祭はけっこういろいろとバラけた日に行われている印象です。旧暦でやったり、新暦でやったり。
だから、その神社ごとに調べてみることをおすすめします。

 

その初午祭ですが、千束稲荷神社の場合、二の午の日に行われるそうです。

 

千束稲荷神社のサイトには以下のように書かれていました。初午祭と祈年祭を行うようです。

初午祭と祈年祭は今年の五穀豊穣・家内安全・商売繁昌を願って行われる神事です。境内には氏子崇敬者の皆様よりご奉納された地口行燈(じぐちあんどん)が飾られ子どもたちにはお菓子が配られます。

 

地口とはいわゆる駄洒落のことで、地口行燈とは行燈に駄洒落を絵と文句で描いた、要するに一コマ漫画です。かつては江戸中どこの稲荷神社でも見られましたが、今では地口絵を描く職人が少なくなり、この光景もほとんど見られなくなりました。

 

ここでは江戸時代からの地口行燈が見られる場所なのですね。

行燈に絵を書いて地面に置いてあるのは、見たことがあります。たしか浅草寺だったかな。

それだけではなく、ダジャレと絵を書いてある行燈なのですね。それは珍しいわ。

それにしても、このようなものはダジャレですから、説明してはいけないのでしょうけど、説明がないと笑えない、というかわからないですね。

「種まき助六」は揚巻助六のもじりだそうですが、助六の恋人の揚巻がわからないとこれまたトンチンカンになりそうだわ。

でも、なかなか見ることができないモノ、風習ですから、機会があったら見てみたいです。

 

二の午の日とのことですが、新暦なのか、旧暦なのか?今年でいえば、2月19日なのか、それとも4月8日なのか、わからないですね。きっと地元の人には、わかっていることなのでしょう。

 

鳥居には、お正月らしい笹や飾りがついています。

 

 

境内に入ってみますと、中にもこのような飾りがありました。年末年始といいますか、除夜の鐘の頃には、地元の人が集まってきているだろうなと思いました。午前零時には、若水授与もやっているそうです。

 

おそらくきっと年末には大祓式があって、ここに茅の輪くぐりができるようになっているのだと思います。地元の人が来ているだろうなと想像がつきます。

 

 

松と笹の木を結んでいる藁の結び方が独特ですね。こうやって結ぶのか。

 

稲荷神社なので商売繁盛を祈願

 

ちょっと見たところ、お寺のような風情もある稲荷神社でした。

拝殿脇には、お神輿を入れる庫もあります。三年に一度、本祭(神幸祭)の年にお神輿が出て来るようです。

 

参拝が済んだら、御朱印もいただきました。達筆な文字で書いていただいた御朱印で、500円でした。初詣の金印も押していただきました。

 

境内には樋口一葉の像もあります。たけくらべとのご縁がある神社として昔から地元の人に愛されてきたのでしょう。