色には、パワーがありますから、金運を上げるには、「色」を考えることは大事です。

ですから、財布を選ぶとなると、色を考えますから、日本で人気の風水でも色のことを言う人が多いのです。

 

これまで、色については、健康運を上げるには「緑」がいいとか、恋愛運を上げるには「桃色」がいい(特に女性)とか、仕事運アップには「珈琲色や茶色」がいいということを聞いたことがあるでしょう。

 

お財布の色については、金運アップを考えていわれていることがほとんどです。

 

「財布と色」に関する書籍や雑誌を読みますと、そのほとんどが東洋の占いを元にして「財布と色」について述べています。財布のみならず、アクセサリーなどラッキアイテムについても東洋の占いが多いです。

 

東洋の占いは、すべてが陰陽五行説につながっていると考えていいです。西洋占星術とは違った考え方です。

日本で完成させたと言われる九星気学も、中国で発達したと言われる四柱推命も、中国古代の思想、陰陽五行説が元になっていると言われています。

 

西洋占星術は星の動きが中心ですが、陰陽五行説は大自然、自然界をつらぬく法則を、何千年も前の昔から考えて理論化したものなのです。

しかし、東洋の占いである九星気学、四柱推命、風水などを調べてみますと、自分のラッキカラーと言われるものは、バラバラです。

 

そこで、今回は、これらの元になっている陰陽五行説からはじめて、そのほかの九星気学、四柱推命、風水でいわれている色について紹介します。

 

自分の生年月日や自分の状況などから「自分に合う色」を東洋の占いで出してみて、その中から自分にピンと来た色や自分が信じている占いで出た色を、財布の色を選んでください。

 

陰陽五行説でのラッキカラー(魂の色、自分を守る色)

 

陰陽五行説は、自然と一体化していることです。古代中国の自然哲学であり、東洋の伝統的医薬(漢方薬)の土台となっています。

 

春から夏になり、秋へと移り冬になる。そしてまた、春へとめぐります。
一日も朝日が上り、正午になって日がてっぺんにきて、西へ沈みます。
人間も同じように赤ちゃんから幼児になり、青年期を迎え、円熟期になり、老年へとめぐります。

 

人間は自然の一部なのです。

東洋の占いの根本となるのが陰陽五行説です。
陰陽五行説では、「木火土金水」の5つにわけて考えます。

 

干支のことを十干十二支といいますが、この十干(甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)も五行に関係あります。

干支(えと)

同じ「木」でも、陰陽五行説と言われるように「木」の中にも陽と陰があります。陰陽五行説の「陰陽」です。

陽(え)甲(きのえ)丙(ひのえ)戊(つちのえ)庚(かのえ)壬(みずのえ)

陰(と)乙(きのと)丁(ひのと)己(つちのと)辛(かのと)癸(みずのと)

 

財布の色については、自分の魂の色か、相生に属する色がいいと言われています。

「水」に属する人は、黒、グレー、紺、紫色がいいですが、それとと同時に、緑、青もいいということです。

五行 十干 十干と五行
甲(きのえ) 木の陽
乙(きのと) 木の陰
丙(ひのえ) 火の陽
丁(ひのと) 火の陰
戊(つちのえ) 土の陽
己(つちのと) 土の陰
庚(かのえ) 金の陽
辛(かのと) 金の陰
壬(みずのえ) 水の陽
癸(みずのと) 水の陰

陰陽五行説では、色についても木火土金水に分けて考えます。これらの色は魂の色とも言われています。

木(東):緑、青、ターコイズ

火(南):赤、ピンク、オレンジ

土(中央):黄色、ベージュ、アースカラーも良い

金(西):白、シルバー、輝きのある色

水(北):黒、グレー、紺、パープルも良い

こちらのサイトで、自分の生年月日からどの五行(木火土金水)なのかを調べることができます。(九星気学の九星も調べることができます)

>>九星気学LAB

こちらのサイトで、生年月日を入れて、「九星を調べる」を押します。

五行については、日干のところをみます「壬午」のようにでていますので、そのうちの「壬」を見て、上の表から「水」に属すると判断します。

 

九星に関してのラッキカラーは、この次に説明しますが、この場合は「本命星」と書かれた部分をみます。(二黒土星のように書かれています)。

 

九星気学でのラッキカラー

木火土金水が陰陽五行説ですが、九星気学も陰陽五行説の影響があります。

一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星と並べてみるとわかるように、木火土金水の文字が入っています。

木:三碧木星、四緑木星
火:九紫火星
土:二黒土星、五黄土星、八白土星
金:六白金星、七赤金星
水:一白水星

このようにならべてみるとわかります。

 

先ほどのサイトで、自分の生年月日を入れて自分の本命星(一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星
、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星)を割り出して、そこから色を考えます。

一白水星(北、取引、子孫)透明度の高い白、黒

二黒土星(南西、大地、勤勉)茶色、黄色

三碧木星(東、発展、成長)コバルトブルー、青

四緑木星(東南、良縁、移転)緑

五黄土星(中央、総合、全体)黄色

六白金星(西北、支配、権威)白銀色、白

七赤金星(西、金銭、収穫)茜色

八白土星(東北、変化、抑制)アイボリー、白

九紫火星(南、名誉、芸術)赤紫、赤、紫色

 

このまま自分が八白土星だから、「白」を選ぶという場合と、それを助ける(相生)関係で、「土」は金を生むとして(相生)、「金」である六白金星、七赤金星の色である「白銀色」や「茜色」を持つようにといわれることもあります。

 

相生と相克

五行には、良い関係となる「相生」と互いに力を弱めてしまう「相克」の関係があります。

相生と相剋

国際ブリタニカ辞典によると、

隣り合う同士は相生関係

「木は火を生じ,火は土を生じ,土は金を生じ,金は水を生じ,水は木を生じるとするのが相生」

向かい合う同士は相剋関係(相克)

「水は火に剋ち,火は金に剋ち,金は木に剋ち,木は土に剋ち,土は水に剋つ」が相剋関係

これは、水は火を消し、木は土の養分を吸い、火は金を溶かし、土は水の流れを止め、金は木を切る。

簡単にいえば、邪魔をする関係です。

風水でのラッキカラー

風水の場合、主に住まいの環境学として考えるので、よく知られている「西に黄色」というのは、西に黄色のものを置くのようにして考えます。

部屋の模様替えなどや壁紙を変えるなどに使われます。

 

風水から考えるラッキカラーとは

北(子宝、貯蓄):ピンク、オレンジ、ワインレッド

東北(不動産、引越し、相続):黄色、赤、白、薄いブルー

東(健康、スポーツ):赤、ブルー、ピンク、白

東南(恋愛、人間関係):ピンク、オレンジ、グリーン、ベージュ、赤

南(芸術、美的センス):ゴールド、グリーン、オレンジ

南西(母性、家庭):茶色、黒、黄色、赤、グリーン、ラベンダー

西(金運、商売、遊び):黄色、白、ピンク

北西(出世、勝負、上司):グリーン、ゴールド、オレンジ、ベージュ

中央(全体運):ラベンダー、黄色、グリーン

 

方位を利用するして、西に黄色のものを置く(黄色い花を生けるなど)とか、北西に緑の壁紙を貼るなどがいいのですが、方位のところに書いたキーワードを元にして、自分が上げたい運から色を選ぶのもひとつの方法です。

「家庭」運を上げたい人は、茶色や、黒、黄色がいいということです。

 

四柱推命で言われる色

 

四柱推命は日本での呼び方ですが、基本は、中国の占いです。中国では「八字」とか、「八字算命」と言われています。

どちらも、4つの柱、生まれて「年、月、日、時」をみます。

中国の場合は、生年月日と時間を、甲乙丙丁戊己庚辛壬癸と、子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥を組み合わせるので、八字というようです。

甲寅とか、丙午のように2文字で表します。

色をみるときは、五行を基本にして、それをさらに2つにわけて、10種類としてみることが多いです。

十干と同じですね。甲乙丙丁戊己庚辛壬癸と同じ考えです。

基本となるのは、木火土金水です。

木=青

火=赤

土=黄色

金=白

水=黒

これらの木火土金水、五行を陰陽で2つにわける(陰陽五行)と10種類になります。

 

陽の木=青

陰の木=ブルー

陽の火=赤

陰の火=ピンク、オレンジ

陽の土=黄色、茶色

陰の土=パステルイエロー、ベージュ

陽の金=白

陰の金=プラチナ色

陽の水=黒

陰の水=グレー

 

世の中の東洋の占いというものは、このように五で分けている占いと、九星気学のような九でわけているものが多いことに気づくでしょう。

四柱推命では、魂の色とも守護する色とも言われるものは、生年月日と生まれた時間でみます。

こちらのサイトの新説四柱推命でみるカラーで自分の生年月日と生まれた時間、女性か男性かをいれると(名前なしでも)、色がわかりますよ。

ループザカラー

こちらのサイトは、色の玉がついているので、わかりやすいですね。

 

私の場合を例にとれば、鑑定してもらうと「水」が最も多く、次は「木」その次が「火」です。

欠けているのが、「土」、最も無いのが「金」です。

 

この場合、「水」が基本ですから、「黒」がいいと言われる場合と、最も自分にない「金」すなわち「白」を補うように、と言われる場合があります。

「黒」は、元気がないような時、パワーを得たい時に使うように言われます。

反対に自分にない「色」(私の場合は「白」)を補うことで、物事がスムーズに行くこともあるとされ、そちらの色を使ったもの(財布や小物)を持つようにしたらいいということも言われます。

 

 

 

>>金運とおすすめの財布(色など)