東京証券取引所近くの兜神社

 

今回は、株取引をやっている方には、パワースポットになるのではないかと思い、2箇所の神社を紹介します。

 

首都高速道路の下にある神社となります。かなり小さな神社です。気づかない人も多いかも。

東京証券取引所の西口出口からすぐの場所にあります。日証館ビルの隣です。

この茅場町界隈も歩いていると、小さな神社が突然見えたりしまして、目立たなくとも神社がけっこうあります。

兜町にある兜神社ですから、兜の文字が見えますね。

神社はきちんと手入れをされていて、私が参拝した時も、男性と女性が掃除に来ていました。

御祭神は、商業の守護神である倉稲魂命(稲荷神の別名)となっています。

毎年4月1日が例大祭だそうです。

江戸時代から鎧稲荷と兜塚が地図に描かれていたとのことなので、その頃からはあったということです。

明治4年の東京商社(三井物産の前身)の移転に伴い、鎧稲荷と兜塚は鎧の渡と兜橋の中間に遷されたとのことです。

 

明治11年には東京証券取引所の設立に伴い、東京証券取引所が兜神社の氏子総代となってそれ以来、証券界から信仰を集めるようになっています。

 

東京証券取引所の関係者が来るのでしょうか。

実は、こちらの兜神社のお守りなのですが、東京証券取引所内で売っています。

それも自動販売機で売られているのです。さすがに自動販売機にお守りを入れるわけにもいかず、御札のようなものが出てきますので、それと交換です。

 

こちらが境内にある「兜岩」です。

諸説あるそうなのですが、何も記録が残っていないそうです。

源義家が東征のみぎり岩に兜を懸けて戦勝を祈願したことからこの岩を兜岩と呼ぶようになった、などのことが書かれていました。

こちらが東京証券取引所の自動販売機で(御札を受付で交換して)購入したお守りです。

兜神社世話人会の書いたリーフレットとともにいただきました。

山王日枝神社の摂社となる日本橋の日枝神社

山王御旅所として知られている日枝神社です。

赤坂にある日枝神社については、以前、書きました。

日枝神社ー都会の真ん中のパワースポット

 

立派な社殿ですね。昭和41年に御屋根葺替と大修理を行って、平成22年再度、社殿に外装工事が行われたとのことです。

 

ここの日枝神社では、株取引にちなんで、「株」ならぬ「蕪」のお守りを買いました。

大鳥居は、本社石階段下に設けられていたのですが、昭和36年に現在の場所に移設されたそうです。

写真では、わかりにくいのですが、狛犬が上を向いている(まるで天井を見上げるような姿)珍しいタイプの狛犬です。

こちら日本橋の日枝神社は、徳川家康が江戸城に入場して日枝神社を崇敬して以来、御旅所のある「八丁堀北嶋祓所」まで神輿が船で神幸されたことにはじまるそうです。

 

 

次から次へと参拝する方々が絶え間なくいらっしゃる神社です。

株取引の成功を祈願する人もいるのでしょうか。

社務所から斜め前に明徳稲荷神社がありました。、以前は茅場町交差点角に祀られていたそうですが、関東大震災御にここの境内に遷座されたそうです。

 

ここ一帯は、商業の神様が多いですよね。

例祭のほかに、稲荷祭、天神祭、浅間祭も行われているそうです(これからわかるように、菅原大神、稲荷大神、浅間大神も相殿されています。

 

下の写真が「蕪」のお守り、「かぶ守り」です。

縁起のいい響きですので、おそらく、株取引にいいお守りかと。

赤坂の日枝と同じく、御朱印をいただくと、参拝記念のしおりと、ストラップをいただけます。

しおりには、天井を見上げる狛犬の姿が描かれていました。

参道となる入り口は目立たなくて、通り過ぎてしまいそうですし、赤坂の日枝神社に比べると狭い境内ではありますが、参拝される方が途切れることなく来ていましたので、ここ一帯では知られた神社なのでしょうね。

 

私が知らなかっただけで、実は、知る人ぞ知るの神社だったのかしら。

株取引をなさっている方は、東京証券取引所に行くことがありましたら、帰りにでも日枝神社に立ち寄って、この「かぶ守り」をぜひ、どうぞ。