フォトウォークで、夜の原宿、竹下通りを通って

ほぼ、外国人ばかりというフォトウォークに参加しました。毎月、行っているのですが、今回の原宿、竹下通りで写した会は、特に、外国人占有率が高かったのです。

 

世界規模で、テーマを決めて、それにそって、写真を撮るというものなのです。世界規模ですから、もちろん、ネットを通じての会です。けっこう、東京チームが1位とか、3位以内に入賞ということも多いのです。その名は、 drink and click です。drinkが、目的の方もいるかな(笑)。

英語ばかりですが、こちらでわかります。
Drink and Click™

 

その中心メンバーの方が、東京に来る!というので、原宿で会うことに。フォトウォークですね。英語ばかりが飛び交う会でした。しかし、そこは、写真が中心ですから、なんとなく通じるのです。話が。

 

それにしても、日本人は時間にきっちり、集合時間を決めて、という形をとりますが、今回のように、外国人(国籍は、バラバラですが、欧米多し、かな)の場合、集合時間も決めませんし、たとえ、決めたとしても、好き勝手に集まる、という感じです。まず、第一に、待ち合わせの原宿駅前の集合時間に来ない!

今回集まった方々は、現在、日本に長期滞在中(在留)の方がほとんどなので、片言でも日本語は通じる人が大多数ですし、日本の習慣、文化はわかっています。でも、、、

 

真面目な日本人なら、写真を撮る道も決めて、時間も決めて、最後にみんなで、飲み会というのも、ちっちり決めるでしょう。私は、こういう、ゆるーい集まりのほうが、いいタイプの人なのです。あまり、堅苦しく決められるのは、苦手。

だから、すごく居心地よく感じています。毎回。

今回は、アメリカから中心メンバーの方が来た、ということで、さらに、欧米化が加速(笑)したバージョンを。

 

今回、私が、アップした写真は、自分が興味を持って写した写真、というよりは、他の外国人メンバーが、ずいぶん気に入って写真を撮っていたなーと、思った場所の写真をアップしました。こういうものに、海外の方は、竹下通りで、興味を示したということです。

まず、トップバッターは、キティちゃんです。
竹下通り、原宿

こんなディスプレイだと、みなさん、興味を持つようでした。海外向け?

 

竹下通り、靴

次は、変なもの。

なぜ、こんなところに、靴が?ライトのところに、掛けられています。

 

竹下通り、原宿歯科

なぜか、この歯科医院の前で、写真を撮る人、多かったです。外国人には、何か、感じるものがあるのか??

 

東急プラザ表参道

とりあえず、ここの東急プラザ表参道原宿まで、集まって、渋谷に向かっていくということになりました。

 

今回は、この世界規模で、楽しんでいるというフォトウォークのさわりを、お見せいたしました。drinkという単語が先に来ますので、最後は、パブなどに行って、交流する、ということになっています。昼間のフォトウォークもいいけど、こういう夜の写真は、なかなか、ひとりでは撮りづらいので、いいものですよ。