鹿島神宮の旅その1

前回からの続きですが、香取神宮のお参りを済まし、無人駅の香取駅で1時間近く待って、鹿島神宮駅に着きました。

前回のブログ:香取神宮のパワースポットは、奥宮と要石か
 

鹿島神宮駅

鹿島神宮駅からは、ゆっくり歩いて10分くらいで、鹿島神宮に着きますが、その前に鹿島神宮の鳥居について、ご紹介します。

 

鹿島神宮には、神社票の近くに大きな鳥居があります。現在は、木で作られた鳥居ですが、それは東日本大震災の時に、御影石の鳥居が倒れてしまったからなのですね。ですから、私が行った時は、まだ新しい感じがしました。

 

その鳥居の他に、一之鳥居がありまして、かつては東西南北にそれぞれあったそうです。「あった」と過去形で書いたのは、無くなっている鳥居もあるからです。西の一の鳥居が有名で、北浦の大船津の水中に立っています。水中鳥居ですね。南の一の鳥居は息栖神社の一の鳥居と兼用されているそうです。北の一の鳥居はなくなったそうです。東の鳥居が鹿島の海岸にあります。

鹿島神宮、東の鳥居

この東の一の鳥居から、鹿島神宮、皇居、富士山と線が引けるそうなのです。私は詳しくないのですが、レイラインと言われるものとのこと。この東の一の鳥居が起点になっているそうです。東日本大震災の時も倒れずに、今も太平洋に向かって立っています。木でできた、素朴な鳥居です。

 

では、鹿島神宮のご紹介です。

商店街が並ぶ参道から、鹿島神宮の大鳥居が見えます。

鹿島神宮、大鳥居

 

写真を見てもわかりますように、森のなかに入っていくような雰囲気ですね。東京ドーム15個分の敷地だそうですよ。

 

楼門に着くまでに、いろいろな摂社があるようです。こちらが、楼門です。平成26年9月の式年大祭、御船祭りの直前に行ったので、その看板が立っています。12年に一度の大祭だそうです。
鹿島神宮、楼門

 

中に入りまして、古来より、拝殿にお参りする前にお参りするところである、高房社に行きました。とは、言うものの、現在は、こちらの高房社に参拝しないで、すぐに拝殿に向かって行っている人がほとんどでしたが。。。

鹿島神宮、高房社

 

念入りに参拝した後で、拝殿へ。拝殿の奥に本殿があります。

鹿島神宮、拝殿

お参りする前に使う、大麻とか、大幣とか言われるものがあったのに(拝殿向かって左側)、後で気がつきました。
参道しましたら、宝物殿などもありましたが、まずは、奥参道に向かいました。

鹿島神宮、奥参道

さらに、うっそうとした森の中に入っていきます。

 

途中で、「君が代」にもあります、さざれ石がありました。

さざれ石

これが、さざれ石なのですね。

 

このさざれ石の近くに、鹿園がありました。鹿島神宮と言われますから、鹿ですね。神鹿として大切にされているようです。
鹿島神宮、鹿園

 

しかし、私が行った時は、夏で暑く、鹿は一頭しか見えませんでした。それも、よくよく探して、隠れているようにしているところを見つけたのです。

 

こうして、奥へ奥へと歩いて行き、香取神宮にもあった「要石」を探しに行きます。鹿島神宮の要石は、凹型とのことなので、それを確かめて見たいと歩いて行きました。

写真が多くなったので、今回は、ここまでにします。その2へ続く。